日照計・日射計・蒸発計
      heliograph    pyranomerter       atmometer        
本文へジャンプ
 
 

日照計と日射計

日照の観測とは、日照時間を記録することです。日射量が0.12kW/m2以上になる時、日照時間として換算されていきます。気象観測に使用される日照計では「太陽電池式」、「バイメタル式」が一般的ですが、最近では「回転式日照計」がアメダス等で随時採用されてきております。
日射計は、日射量を観測します。一般的な「全天日射計」は、散乱光も含めて観測しており、精度を高めたい場合は「直達日射計」を提案しています。日射観測には用途に合わせて様々な測器がありますので、まずは観測用途を御相談下さい。
最近ではソーラーファーム(太陽光発電所)などで日射量を観測し、日々管理しているところも多くなりました。 また日射計全般の機器管理条件として、安定した観測が継続的に出来るように「機器内部の乾燥剤交換」が必要です。


 日照計・日射計の主な種類

       ◆ 日照計   
   太陽電池式日照計  
   バイメタル式日照計  
   回転式日照計      
       ◆ 日射計   
   全天日射計(ファンが内蔵された製品もあります)
   直達日射計  
   アルベドメーター
       ◆ 放射収支計  
       ◆ 紫外線放射計  
       ◆ 赤外線放射計  
       ◆ 照度計  
       ◆ 光量子計
                                                             

                                                               

 気象庁有効期限について
                                                                                                              

       日照計は気象庁検定対象外です。

       日射計の気象庁検定有効期限は5年です。
       (但し修理を した場合は再検定を取得することになります)

                                                  

 選定のポイント


       1.用途及び観測精度  
       2.電源が確保できる地点か?    など

               

複数メーカーの日照計及び日射計にはそれぞれ特色があります。他の観測要素の有無や記録する装置と組み合わせて提案致します。是非、ご相談下さい。


日照計・日射計の主なカタログ

          日照計 CSD3  
          日射計 CMP-6E/6F P-MS-402
     注:ご紹介カタログは多数ある中の一部です。



蒸発計


蒸発量を計測する時には、蒸発計を用います。直径120cmの大型タライに溜まった水の蒸発量を計測する装置です。大型タライの材質には金属製とFRP製があります。また計測部にも静電容量式・フロート式・水圧式など、各メーカーにそれぞれ特色があります。蒸発量を計測する装置の為、ヒーターの設置が出来ない事から、凍結の可能性がある地域では冬期は閉局します。


 蒸発計の主な種類

       ◆ 蒸発計(大型タライ:金属製若しくはFRP製)  
計測方式:  静電気容量式  
   水圧式  
   フロート式  など
                                                                        
 気象庁有効期限について
                                          

蒸発計は気象庁検定対象外です。

                                    
 選定のポイント
                                                                                                  
           
       1.用途及び設置場所  
       2.大型タライを水平に設置できること  など

蒸発計の主なカタログ

         蒸発計 ES-110        
     注:ご紹介カタログは多数ある中の一部です。