浮子投下装置・流速計

浮子投下装置

浮子投下装置とは浮子による河川などにおける流量観測で使用する装置です。観測横断面上流に測線ごとに浮子を投下出来る様な構造物(橋梁など)が無い場合に有効な装置です。

タイプエスでは販売と設置に実績があり、既設設備の更新や、新規導入時には、現地調査及び構造計算を含め、適した製品を提案しています。本製品は受注製作品になります。浮子投下方法は有線式と無線式、搭載浮子数も6~12本まで対応します。

また搭載する浮子の材質(キャップ、本体、底部分)は100%古紙を使用したリサイクル商品を推奨しております。

浮子投下装置の主な仕様

遠隔操作方法:無線式・有線式 
搭載浮子数:6/8/10/12
動作電源:商用(AC100V)・バッテリー(DC12V)

現地流量観測環境に適した製品を選定し製作致します。

浮子の製品規格

弊社取扱の浮子は、従来のキャップ及び底部分の材質をプラスチックから100%古紙を使用した製品となっております。これにより、使用後の分解が速まり、古紙を利用するリサイクル商品となり、地球環境により優しい製品となっております。

製品規格(従来通り)

吃水 全長
30cm 35cm
50cm 65cm
1.0m 1.2m
1.5m 1.7m
2.0m 2.4m
3.0m 3.5m
4.0m 4.8m
表面用 11cm
オプション品:ケミカルライト、棒、赤旗

※タイプエスでは、1本単位から受注を承っております。

流速計

流速計には自動観測(固定式、可搬式)と手動観測する製品があります。自動観測の製品群は非接触方式で表面流速を計測するものが複数あります。手動観測の製品群は回転式(プロペラなど)流速計と電磁式流速計などがあります。流量観測業務では、検定(有効期限は1年)合格品の流速計を使用することが義務付けられている事が多いので注意が必要です。

観測・点検トップはこちら

気象庁検定についてはこちら